動画の再生前に出るあの広告、出すにはいくら必要!?

※本記事は執筆当時の内容です。最新の料金プランはこちらから

20140927-1YouTubeで動画を再生した時に出るあの広告。5秒でスキップできるようになる一方で、5秒間は必ず視聴されます。さらに動画を見て気になる方は最後まで動画を見てくれます。

YouTubeにあのような広告を出す場合、いくら必要なのでしょうか?

 

1再生あたり数円で出せる

実はあの広告、1再生あたり数円~20円とい事が殆どです。さらに、5秒でスキップできるあの広告(trueviewインストリーム広告と呼ばれます)は、視聴者が30秒(30秒未満の動画は終了時まで)再生されて初めて料金が発生します。

つまり、6秒でスキップした人はもちろん、ある程度動画を見て、29秒でスキップした人もカウントされず、料金がかかりません。

なので、動画広告を出す側は「興味無い人はどんどんスキップして下さい」と考えています。逆に言うと、わざわざ動画を30秒以上再生してくれる興味のある視聴者に動画内容を訴求することが出来ます。

TVCM等では、CMを見ている・見ていない、興味がある・無いはわかりません。全く興味の無いユーザーにも動画を強制視聴させています。

 

1再生あたり1円でも出せる?

稀に、「1円で動画広告を出せます!」という事を売りにしている業者さんもいらっしゃいますが、実際には管理費等が別途必要となるため、1円では収まりません。また、管理費等を除いた場合でも、1円で出せる枠は極少数であり、動画内容等によっては不可能な場合もあります。それでは1円で出せるというのは嘘かというと、そうでもありません。その場合は具体的には「海外のどこか」へ広告を出しています。

YouTube は全世界で展開されているサービスです。YouTubeの広告は、日本国内はもちろん海外への広告配信が可能です。海外に配信する場合は、日本円の強弱・取引 価格によって配信単価が変動します。つまり円が強い国に対して動画を配信すると、1円で配信も可能かもしれません。

ただし、それでは広告を出しても意味がありません。東京の喫茶店の動画広告をヨーロッパに配信しても効果は期待できません。

実際の料金は?

こ の記事で取り上げているtrueviewインストリーム広告は、”入札形式”で広告料金が変動します。動画広告を出したい企業が少なければ1再生あたり5円~8円で配信可能ですが、広告を出す企業が多いと9円~20円程かかる場合もあります。さらにターゲットの設定や配信時間、動画の内容や視聴率によって も大きく異なります。

つまり、配信するまで誰にもわかりません

しかし、株式会社テクナビは再生回数を指定するプランがあります。(個人、法人対応可)

さらに、広告費を 下げるためには日々チューニングが必要となります。例えば、20代男性向けに再生すると1再生8円の動画が、50代女性には10円必要、なんてことも起こり えます(競合動画、動画内容のマッチ率等による)。費用対効果を上げるためには、常時配信状況を確認し、ターゲットや配信タイミングの設定、エリアや入札 価格調整等を行う必要があります。

チューニングの労働力を考えると・・・高い?

1再生数円ですが、チューニングを自身や自企業の担当者が行うと、多くの労力が必要となります。なぜなら他に動画広告を扱った経験や、他企業の配信状況等を把握できないからです。

そこで、広告運用を外注するという選択を多くの方はとっています。

技術が確かな企業等は「(30秒以上の)再生回数保証」として広告料金を出していたりしますが、殆どの企業は「広告費+管理費用」という形です。しかし悪徳企業は広告費をどのように使っても管理費用が変わらないので、「1再生100円」等で出す事もあります。

どの企業に依頼を行うかは、その企業の信用力(料金プラン、研究分析機関との連携の有無、マーケティングに強いか、等)を見極め、依頼しましょう。

価格だけで決めてしまうと、費用対効果うんぬんと言う以前の問題になってしまいます。

ちなみに、株式会社テクナビは再生回数を指定するプランがあります。(個人、法人対応可)

ほぼオートマチックで可能なことや、費用が明確な事から、リスクを抑えられる事からご好評頂いております。

結局、YouTubeのあの広告は高いの?安いの?

” 今は”安いです。何故かと言うと上記に記載したように、入札形式のため、入札参加者が少ない今はとても安くなっています。今が行うチャンスといえるでしょ う。さらに、効果に関してはコカ・コーラやリクルート等のTVCMを流していたような大手企業も、どんどんYouTubeの広告を出す程の効果です。(効 果が無いとそもそも広告を流しません)

ただし、仕組みを理解しないまま、知識が乏しい状態 で運用を行うと「アイドルが出演している化粧品のCMを、(アイドルを見るために視聴した)男性ばかりに流していた」といった散々な結果になることが多いです。入札の相場も強弱タイミングも、有効な配信タイミングや年齢層、他の動画の状況等がわからないので当たり 前の話です。そういった企業のために運用代行業者がいます。気になる方は一度相談してみてはいかがでしょうか。

 

※本記事は執筆当時の内容です。最新の料金プランはこちらから

YouTube広告について詳しくは下記バナーから。

youtube動画広告の運用代行はテクナビへ

※本記事は執筆当時の実証に基づいて記載されています。最新のデータについてはお問い合わせ下さい。

>>【YouTubeプロモーション】YouTube広告詳細について