全世界のユーザーに動画を再生してもらいたい!

20141006-1YouTubeは日本だけでなく、様々な国でサービスを展開しています。動画を投稿して、誰に再生してもらいたいか、というのは目的や動画によって異なるはず。

今回はどうやったら全世界のユーザーに動画が再生されるかを述べて行きたいと思います。

 

ポイント1:タイトル、説明文等を英語等で記載する

みなさんがYouTubeで動画を再生する時、まず何をしますか?

ほとんどの方が「検索」ですよね。海外も同じで、まずきになる単語等で検索をします。そして動画を発見し、再生します。

一方で、日本で動画を検索した時に、海外ユーザーの動画は殆ど表示されません。なぜでしょうか?

それは「海外ユーザーが投稿した動画は、タイトル・説明文が日本語ではないから」です。試しに何か英語の単語で検索をしてみましょう。そのキーワードに関連する海外ユーザーの動画が表示されるはずです。

つまり、海外ユーザーに動画を再生してもらいたい場合は、検索結果に表示されるようにタイトルや説明文、タグ等を英語等で記載します。それだけで、海外ユーザーに再生される確率はぐっと上がります。

ポイント2:言葉がわからなくても内容がわかる動画

海外のコメディアンがとてもおもしろいダジャレを披露している動画を日本人が見た場合、どうなるでしょうか。その国の言葉がわかる人が見ると、面白いと感じるかもしれませんが、そうでない人は意味がわからないので、その動画の内容を友達に伝えようともシェアしようとも思いません。

一方で、海外で撮影された動物動画やハプニング映像等は日本でも時折紹介されます。これは「言葉がわからなくても、意味が通じるから」です。

動画の強みを活かしたアピールですね。文章や口頭で説明が必要なコンテンツではなく、説明不要で理解できる内容である程、海外でもシェアされやすく、その結果再生回数も増えます。

ポイント3:その国の言葉で翻訳等を入れる

少々面倒ではありますが、ポイント2の応用で日本語がわからない人向けに編集を行い翻訳を表示させます。文字を入れるだけならフリーの動画編集ソフトでも問題ありません。

 

 

いかがでしたでしょうか。基礎編なので簡単な事項ではありますが、通常と全く違ったユーザーに視聴されるので、投稿者にとっても面白い結果となるかと思います。是非トライしてみてください。

おまけですが・・・動画広告として海外に配信する事も可能です。詳しくは以下のリンクをご参照下さい。

YouTube広告について詳しくは下記バナーから。

youtube動画広告の運用代行はテクナビへ

※本記事は執筆当時の実証に基づいて記載されています。最新のデータについてはお問い合わせ下さい。

>>【YouTubeプロモーション】YouTube広告詳細について