「毎回スキップしている」人は10%も減少!

20150212-1株式会社オプトが15~69歳の男女1200人を対象に、「動画視聴行動」に関する調査を行い、プレスリリースとして公表しました。

情報元:株式会社オプトプレスリリース

【調査概要】
日時:2015年1月9日(金)~1月12日(月)
対象:15~69歳の男女で情報機器(PC、携帯、タブレット等)の利用者 1,200人

 

様々な点でアンケートが取られていますが、中でも一番気になるところは

「毎回スキップしている人」が昨年より10%減少したという内容です。

動画広告自体が多くなった一方で、ターゲティングの質が高くなっていること、視聴者の”動画広告”への障壁がなくなってきている事が伺えます。

また、その後ホームページを見たという人も10%ほどいるというアンケート結果に。

もちろん動画や商材に左右される数値ではありますが、社内の動画広告提案時等に役に立つ資料であると言えます。

【これも読みたい!関連記事】

YouTube広告で「スキップされない動画」とは!?

4人に1人がYouTube動画を見た後に商品購入の経験あり!

YouTube動画広告の概要をマンガで解説

 

 

YouTube広告について詳しくは下記バナーから。

youtube動画広告の運用代行はテクナビへ

※本記事は執筆当時の実証に基づいて記載されています。最新のデータについてはお問い合わせ下さい。

>>【YouTubeプロモーション】YouTube広告詳細について