※この記事は2014年11月時点のものです。

世界で最も再生回数が多いYouTube動画って!?

20141111-1YouTubeの動画は、誰かが再生すると表示されている再生回数が+1されます。

そして日本でもチャンネル全部で億単位の再生回数を誇るクリエイターの方もいます。

しかし、世界規模ではなんと1つの動画で20億回以上再生されている動画があります。

それがこちらの動画です。

PSY – GANGNAM STYLE

この記事を描いている2014年11月時点で2,130,129,633回の再生回数が表示されています。

21億とは、すごい数字です。

チャンネル登録者数も7万人!

 

どうしてこんなに再生されているの?

1歌手の1動画がどうして爆発的なHITをしたのでしょうか?

もちろん歌や音楽そのものの評価が高かったのもあるかもしれませんが、それだけでは動画再生はされません。

また、動画を再生しているのはアジアだけでなく、全世界のユーザーです。

様々な場所で分析・考察がされていますが、まとめると

  • 「PSY」という覚えやすい名前だったこと
  • サムネイル等がアニメで描かれていて、他国のユーザーが再生する障壁が少なかった
  • スタート時に動画広告配信を行い、再生回数の増加と共に認知度を上げた
  • 広告等から再生回数が増え、それを呼び水に他媒体に露出していったと思われる事
  • ダンス等に使用できる曲で、歌詞がわからなくても楽しめる動画だった事
  • 指示するユーザーと不指示であるユーザーが議論のために動画を様々な所で持ちだした事

といった事があげられます。

GOODボタンも8万回、BADボタンも1万回押されています。上記の6のように、不支持ながら動画を再生する人も多くいるので、それも大きな要因になったのかもしれませんね。

 

ところで、日本は?

ちなみに、日本では1つの動画で数億回再生されている人がいます。でも、あまり話題になりません。

何故かと言うと、ちょっとセクシー系な雰囲気の映像と、英語での検索からの再生を主にしているため、日本人があまり再生していなかったりする動画だからです。GOODボタンよりもBADボタンの方が多く押されているというのもあり、海外の方から見るとちょっとタイトル詐欺のような形になってしまっているのかもしれません。

また調査等をして、原因が分かり次第ご紹介したいと思います。

 

今日も記事をお読み頂き、ありがとうございました!

YouTube広告について詳しくは下記バナーから。

youtube動画広告の運用代行はテクナビへ

※本記事は執筆当時の実証に基づいて記載されています。最新のデータについてはお問い合わせ下さい。

>>【YouTubeプロモーション】YouTube広告詳細について