Super Chat機能の開始にともない「視聴者ファンディング」は終了

YouTubeにおいて、2017年1月からSuper Chat機能を開始しました。

名前からすると「どう”スーパー”なんだろう」と思いますが、その中身は”有料コメント機能”です。

 

視聴者がその場で”ライブ動画スポンサー”に!

YouTubeの動画投稿者(クリエイター)は、YouTubeでの広告収入を得ていますがその広告はGoogleAdwordsの機能を活用して企業が配信しているものです。(動画広告配信のご相談は株式会社テクナビへ

一方で個人が「このクリエイターを応援したい!」と思ったときに、これまでは「視聴者ファンディング」という機能を使っての寄付(投げ銭)が可能でした。

これをさらにレベルアップさせたのが今回の”Super Chat”機能。

具体的にはお金を払うことによって、自分のコメントが一定時間上位に表示されるというもの。人気クリエイターの動画には様々なコメントが集まりますが、その中でも自分のコメントを目立たせたり、クリエイター本人にPRしたり、それを見ているユーザーにPRしたり、様々な使い方ができそうです。

現時点コメントに対しての課金は100円から5万円まで可能。金額によって表示時間が異なり、例えば5万円なら5時間表示され続ける形に。クレジットカード等で支払いが可能。

課金したお金はYouTube社とクリエイターで分配されるとのこと。ただし比率等は公開されていません。

 

1日で4000ドル(約44万円)稼いだ事例も!

Super Chat機能は支払い・決算環境の整った国から順次提供が開始され、チャンネル登録者数が1,000人以上のクリエイター向けに順次公開していくとのことです。

テストとして先行配信したクリエイターの中では1日で4,000ドルを稼いだという事例もあります。

ただ内容もそうですが、予めのチャンネル登録者数を増やさないと収益に繋げるのは難しいかもしれません。

通常のビジネスと同様、まずは投資としてチャンネル登録者数を増やす施策が必要ですね。

YouTube広告について詳しくは下記バナーから。

youtube動画広告の運用代行はテクナビへ

※本記事は執筆当時の実証に基づいて記載されています。最新のデータについてはお問い合わせ下さい。

>>【YouTubeプロモーション】YouTube広告詳細について