YouTubeは11月30日、360度動画及び標準フォーマット動画での4Kライブストリーミングに対応すると発表しました。

20161204対応フレームレートは最高60fps。

360度動画にも同士対応となりました。

通常の4K、8K動画にはすでに対応していたYouTubeですが、”ライブ”も対応することとなりました。

 

今後は日本でも4Kがあたりまえになる?

日本でも4Kの話が話題になっていますが、YouTubeはその先の8Kまで対応しています。

しかしいまいち現実味がありませんよね。

それもそのはず、4Kの良さが実感できるのはある程度の大きさのモニタ・ディスプレイが必要。

通常の日本の家庭ではなかなか実感するのが難しいところです。

ですが、360度やヘッドマウントディスプレイを利用するとなると、話は変わってくるかもしれません。

 

で、YouTubeではどうなの?

YouTubeで4Kや8Kの動画を投稿するにはそれに対応した撮影機材が必要となります。

なので個人の人がその機材を揃えるのはなかなか難しい所です。

そのため一気に4K8K動画、もといライブストリーミング動画は増えないかもしれません。

ただし、配信動画が撮影するものではない場合は例外です。

例えばゲーム実況動画。キャプチャに要する機材が4K8K対応なら配信も可能となります。

つまり、まずは一部の限定的なジャンル動画から普及がはじまりそうです。

 

 

YouTube広告について詳しくは下記バナーから。

youtube動画広告の運用代行はテクナビへ

※本記事は執筆当時の実証に基づいて記載されています。最新のデータについてはお問い合わせ下さい。

>>【YouTubeプロモーション】YouTube広告詳細について