YouTubeが新たなマネタイズ手法をクリエイターに提供

スポンサーシップ制度の開始

米YouTubeは月額499ドル(日本では490円)において、”スポンサーシップ制度”を開始すると発表しました。

スポンサーシップ制度とは、視聴ユーザーが好きなチャンネルに月額費用を支払う仕組みで、姉妹サービスの”YouTube Gaming”チャンネルにて同様の制度を展開していましたが、それを拡充させる形で”登録者が10万人以上”のチャンネルで展開が可能となりました。

そのため、YouTuber等のクリエイターから見ると、広告収入以外の新たなマネタイズが可能となります。

グッズ販売サポート

スポンサーシップ制度と同時にグッズ販売を支援する仕組みを発表しました。

これはYouTuber等のクリエイターがオリジナルグッズを販売できるというもの。米Eコマースを展開するTeespring社と提携することで、YouTubeが物販に参入する形です。

 

双方とも、YouTuberが広告以外の収入を得られるような仕組みですが、広告収入が得られるYouTuberがチャンネル登録数等の制限で限られることや、上記の事項も一定のコンテンツ数やユーザー数が必要ということもあり、活用できるクリエイターがどの程度となるのかも注目です。

 

 

YouTube広告について詳しくは下記バナーから。

youtube動画広告の運用代行はテクナビへ

※本記事は執筆当時の実証に基づいて記載されています。最新のデータについてはお問い合わせ下さい。

>>【YouTubeプロモーション】YouTube広告詳細について