1日でおよそ114,155年分!

米現地時間の2017年2月27日に、YouTubeが公式Blog(米国)において1日あたりの動画視聴時間の合計が10億時間を超えた事を発表しました。

2012年当時は1日あたり約1億時間だったとのこと。約10倍に成長しています。

視聴者数の増加だけではなく、視聴履歴に基づく”オススメ動画”の精度を向上させることで滞在時間のUPを図っています。

以前はYouTubeは赤字と言われていましたが、視聴者数及び滞在時間が増えれば、広告収入等で経営の安定化が図られることは間違いないです。

ただし、親会社であるAlphabet(Google親会社)は売上高を明らかにしていません。

Facebook等の競合の現状は?

Facebookは2016年1月時点で、1日あたりの視聴時間は1億時間であることがわかっています。

これにくらべても約1年差があるとはいえ、10倍。動画という特性もある一方でその強さが伺えます。

 

 

YouTube広告について詳しくは下記バナーから。

youtube動画広告の運用代行はテクナビへ

※本記事は執筆当時の実証に基づいて記載されています。最新のデータについてはお問い合わせ下さい。

>>【YouTubeプロモーション】YouTube広告詳細について